漏洩まんが祭り

漫画・ゲーム・映画・怪奇の備忘録と虚無の日記

【日記】掟破りの監獄ロック/『ブックスマート 卒業前夜のパーティデビュー』

 1月上旬はゲボ年末進行のあおりを受けて死んでおり、ようやく一息つけるネとなった途端にここ10数年で最悪レベルにタチの悪い風邪をひいて丸一週間寝込んでいた。風だろうがインフルだろうが薬飲んで3日も寝ていれば治っていたのだが、今回は薬を飲み続けてもなかなか快方に向かわなかった。心折れかけたよホントに。
 先週の土日に熱を出して寝込み、週明け最速で近所の病院に行くと防護服でバッチリ防御した医者に検査され、その日中にSCP検査を勧められる。検査場は混乱を避けるためか当事者以外には知らされない秘密の場所にあり、情報を漏らさぬようにと念を押されたりする。
 SCP検査は2回目だが、前回の5分の1以下の値段で済みました。結果は普通に陰性だったのだが、コロナであろうとなかろうと症状は普通にキツく、熱出して寝込む日々が最近まで続いておりました。今? 今は元気! もうブリンブリンに元気! 5日間以上カフェインもアルコールも録らなかったのも10数年無かったこと。健康過ぎて気持ち悪いくらい! と奇声をあげて環七通りに飛び出すもたちまち爆走トラックに跳ねられ、亡骸はなんでんかんでん跡地を突き破って遥か遠くへと…。

 


 

f:id:jackallsasaki:20210124233856j:plain

 『ブックスマート 卒業前夜のパーティデビュー』NETFRIXで観る(アマプラでも配信中っぽい)。陰キャ2人が卒業前夜のパーティで大逆転を狙う! というアメリカ青春映画ではおなじみ過ぎるフォーマットを丁寧に換骨奪胎、今風にアップデートした良作。
 ガリ勉で生徒会長のモリー、大人しめでレズビアンのエイミーは親友同士。卒業式前夜、陽キャ連中が自分の悪口を言っている現場に出くわしたモリーは「私は名門イェール大学に行くけど、あんたたちは手コキ大学がお似合いね」と挑発。しかし陽キャたちは自分と同じイェール大、はたまたスタンフォード大、もしくはgoogleに就職と、モリー以上に輝かしい進路が決まっていたのであった。「陽キャは手コキも勉強も頑張っているんだ」とショックを受けたモリーはエイミーを半ば強引に引き連れ、卒業式前夜の陽キャパーティに出席して高校最後の夜を楽しもうとするのでありました。

 この手の映画はだいたい「陽キャざまぁ」系と「陽キャも大変だネ」系に分かれると思うが、本作は後者。陽キャも陰キャも、男も女も、生徒も教師も、親友も知らん人もみんなそれぞれの事情があるんだなということを知り、主人公らの視野が一皮クリアになるという成長譚です。あと主人公が「童貞のアホ男子」じゃなくて「意識高いアホ女子」(=booksmart)なだけでだいぶ雰囲気が変わりますね。
 主役2人のベストコンビっぷりも完璧。モリーは行動がいちいちギャグ漫画で、何をするにも空回りしているがパワフルなのは間違いなく、根も悪い人間ではない(作中人物からはともかく、視聴者レベル視点では不思議と不快感がない)。「私はLGBTに理解があるから」と言い放つ一方、エイミーにカミングアウトされた際は「貝合わせし放題じゃん」「クリから狙って!」等のアドバイスしかできず普通にイヤな顔をされたりするが、そんな誤解されがちな彼女をしっかり受け止めてくれるエイミーは間違いなく無二の親友なのだ。エイミーもエイミーで、普段はおとなしいのに爆発するとトンデモない行動を取るタイプの陰キャなので推進力と抑制力を兼ねたモリーの存在はけっこう彼女にとって重要なんである。久々に明るい映画を観させてもらいました。

【日記】赤ちゃん暴走!/『新感染半島 ファイナル・ステージ』

 新年早々、差し歯が取れてしまいテンションが下がる。ここ数日、歯茎が腫れ気味だったので年明けたら診てもらおうかと思っていた矢先にこれだよ。もうおもちもかずのこもちくわもそしべなもししりしども食べられない。
 休日診療の歯医者に行ってみると「もう根っこが腐っているので行きつけの医者で抜いたほうがいいですね」と言われて追い出された。おれは腐っていたのか。年始休み明けまで不便だなあと考えつつファミチキを齧ると、上顎の前歯から犬歯までがすべてずるりと抜け落ちた。

 


 

f:id:jackallsasaki:20210102161746j:plain

元旦は映画の日なので『新感染半島 ファイナル・ステージ』を観てきた。冷静に考えなくてもこのご時世、ここまでパンチの効いた邦題もないやな。大傑作ゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編だが、前作とはほとんど絡みがないので未修でもぜんぜん大丈夫。
 ゾンビ・アポカリプスのためわずか1日で国家としての機能を失った韓国。唯一、安全な地域は北朝鮮しかなかった…という導入の後、原題である『半島』(반도)のタイトルがバーンと出る。一瞬「おおっ」と思ってしまったが、北朝鮮はこの後一切出てこなかった。『日本沈没』のような国を失った国民のアイデンティティクライシスみたなものが描かれるのか? と勝手に思っていたのだが、実際はアクション・アクション・またアクションの超絶娯楽作なのであった。

 

 主人公の兄弟は韓国から命からがら抜け出して数年後、香港マフィアの下っ端として暮らしていたが、ある日ボスから「韓国にはまだ持ち出されていないマネーとか金塊とかがたっぷり残されているはずだべえ」と言われ祖国へと戻ることになる。ゾンビをやり過ごしつつドル袋の詰まったトラックを発見するも、そこへゾンビ・アポカリプスを生き延びたヒャッハー集団「631部隊」が来襲。仕事仲間たちは普通にぶっ殺され、兄は「ゾンビ鬼ごっこ用奴隷」としてさらわれてしまう。イケメンの弟は天才的ドライビングテクを持つ長女+ラジコンオタクの次女+その親であるアサルトライフル使いこなしまくりママン+狂った祖父という一癖ある一家に助けられ、共に半島脱出を目指すのであった。

 

 メインの敵は631部隊の面々なので、本作でのゾンビの立ち位置は少々微妙である。「タイミングよく敵にぶつけて動きを鈍らせよう!」という、ほぼピクミンと変わりない扱い。全体的に「強すぎる主人公補正」「オープンワールドのゲームっぽさ」が漂っており、前作とは別物感がすごい。『ゾンビ』に対する『死霊のえじき』の立ち位置と似ている。個人的にはカーチェイスが不要だったかな…。631部隊がヒャッハー集団なのもあって(本当に「ヒャッハー」というセリフがある)一気にマッドマックス味が強くなるし、そもそもゾンビとカーチェイスは相性が悪いんだよ! 『デッドライジング』の地下駐車場で延々ゾンビを轢き続けたの思い出すから!(超個人的意見)

 他作品との差別化や個性という点ではちょい薄れてしまった気もしますが、やっぱこのご時世にここまでストレートな娯楽ゾンビ映画を観られることはありがたいですね。ラストのド演歌なコテコテの展開も好みでした。

【日記】エイリアン・ラジオ

 年末はだいたいヘル労働になるのだが、今年もまあまあヒドかったですね。大みそかと元旦だけは休まないと心が死ぬので、この2日だけはだらだらゲームしてテレビ観て酒飲んで寝る。

 今年買った、というかプレゼントしてもらったもので最もよかったのはairpods proというワイヤーレスイヤーホンです。何がすげえってノイズキャンセリング機能がすごいです。

f:id:jackallsasaki:20201231235323j:plain



 簡単に仕組みを説明してみよう。ノイズキャンセリング機能をONにすると、airpodsから微細なレーザーが内耳に向けて発射される。毛細血管よりも細いレーザーは正確に脳の聴覚野の部分を破壊し、一時的にマヒさせることで雑音をカットするのである。この際にアドレナリンの一種が異常分泌され、海馬に不可逆のダメージを与えるという。ちゃんと調べてみたところ、以上の解説はすべて嘘というから驚きである。

f:id:jackallsasaki:20201231235548j:plain
 これを耳に装着すると、周りの雑音がスッッッと消える。パソコンのファン動作音やエアコンの駆動音は完全に「無」となり、キーボードのカタカタ音すら遠くに聞こえるので集中力が増す。家人の声もほとんど聞こえなくなるのですれ違いが起き家庭不和の原因にもなる。それほどすごい。あとワイヤレスイヤホンってすぐに落ちちゃうんじゃないの? とか思ってたけどホールド力すごい。たぶんこれ付けたままバク転とかしても大丈夫。来年はこれを常に装着して、すべての外的脅威から耳をふさいで生きていこうと思います。よいお年を!

 

 

 

 

【日記】模造された男/『迷宮神話 はじけて!ザック』井上大助

 持ちネタ「魚屋のおっさんがビッグフットだったら」で本戦に挑むも、会場の反応は冷たかった。「カツラかと思ったらな、剥がされたシェルパの頭皮やったんや」「なわけあるかい!」ツッコミのテンポも勢いも完璧なはずだが、客席からの反応は皆無。あまりの緊張のためか耳鳴りが起き視界が回り、現実感が失われていく。「ヒマラヤよりも会場のほうがさぶいわ!」ああ。やっちまった。自虐ネタで滑る最悪の展開。判断力を失っている自覚はあるが最早どうにもならない。耳鳴りも目眩も収まらず、圧し潰された時間の急流でもがき続ける。いつ終わるのか。いつまで続くのかこれは。
 「いまはえらべる、ずっとはまたない。やりなおそう」「もうええわ!」どうも、ありがとうございましたー。客席からの控えめで乾いた拍手は「やっと解放された」という安堵の溜息にも聞こえる。「それでは点数を、どうぞー! ……ご…52点! 61点! 59点!」耕司兄さんも思わず声が上ずる、見たことも無いような低得点。あそこまで反応が悪かったら逆に高得点なんじゃ? という根拠のない望みも完全に絶たれた。「65点、60点……。!? ひゃ、100点!」おおおお、と客席からこの日初めての歓声があがる。…恵美子が!? 恵美子が? 想定外方向からの評価だが、ただもうひたすらにありがたかった。総合得点ではもちろん最下位だったが、ここまで賛否両論な結果は歴代でも稀だろう。これはこれで、爪痕を遺せたのだ!
 恵美子に感謝の視線を送る。くり抜かれた両の眼窩から黒い液体を垂れ流しつつ、にこにこと拍手する恵美子を抱きしめたいとさえ思った。

 


 

f:id:jackallsasaki:20201221225655p:plain

 『迷宮神話 はじけて!ザック』をkindle unlimitedで読む。紙の本ではけっこうなプレミアも付いている本作も読み放題というのは、なかなか得した気分になれる。元は「コミックボンボン」連載作ながら、あまりにもあんまりな内容からか連載当時は単行本化されず、のちに青年コミックとして刊行されたという曰く付きのスーパークレイジーバイオレンス漫画である。

 

 本作のスゴさの1つは、そのエスカレートっぷりにある。連載初期は「ブラジルから嫁探しにやって来たエッチでケンカが強い小学生・ザックが大騒動を巻き起こしてた~いへん!」という学園ギャグである。

f:id:jackallsasaki:20201221230351j:plain

ほぼ性犯罪者

 

 この手の漫画の主人公としては珍しく「めちゃくちゃ金持ち」という属性も持ち合わせており、まあまあ不快なクソガキだったザックだが、連載から数話を経て突如ボクシング漫画に転身。クールなライバルキャラ・氷石リョウが登場し、なんだかわからんけど必殺技っぽいパンチを打ったり打たれたりする熱血展開でした。

f:id:jackallsasaki:20201221230924p:plain

必殺・ケンタッキーのおっさんパンチ(?)

 

 問題はここからである。氷石を打ち破り、タイマン張ったらダチ論法で仲間に加えたザック一行の前に現れるのが、本作最大のトラウマキャラである白川ユダである。ヘビのようなシルエットに焦点のあってない瞳、パッと見で明らかにヤバいとわかるキャラデザインは秀逸の極み。

f:id:jackallsasaki:20201221231253j:plain

傷はホッチキスで治療!

 

f:id:jackallsasaki:20201221231420j:plain

ペットの亀を握りつぶす!(生きてました)

 

f:id:jackallsasaki:20201221231536j:plain

腹に空いた穴は火で焼き潰す!

 

f:id:jackallsasaki:20201221231644j:plain

ウナギを生で食う!

 

 ユダはどんな傷を受けても死なない不死身であり、かつ市長の息子なのでどんな罪を犯しても警察が隠蔽してくれるというチートキャラである(市長の権力すごい)。ユダの登場以降、作品の雰囲気は一気にデモーニッシュでバイオレンスな暗黒バトル漫画へと転身。ザックと氷川は暗黒地下プロレスタッグマッチ編でユダ、そして虎に育てられたという獣人・ヒドロと死闘を繰り広げることになる。この暗黒プロレス編で白川一家は悪魔帝王ドゲスの加護を受けていることが判明。命からがら勝利を手にしたザックたちだったが、物語は闇の力を持つドゲスの刺客を迎え撃つ異世界聖魔大戦編へとなだれ込むのであった。

 

f:id:jackallsasaki:20201221232624j:plain

デビルウイングで岩を砕きそうな姿となったザック

 

f:id:jackallsasaki:20201221232736j:plain

最後は人類戦士としての使命に目覚めて完

 

 ボンボン連載作品の中でも怪作と呼ぶにふさわしい痛快まんがである。単行本化にあたって唐突な展開を補完するための加筆がなされたが、それでもなお唐突である。あと「迷宮神話」というサブタイトルが何を指しているのかはわからなかった(本作には迷宮は一切出てこない)。

【日記】涙のラーメン勝負/『テリファー』

 味四天王との料理勝負もいよいよ大詰め、最終戦のテーマは「刺身」に決定。さっそく新鮮ななめくじを調達するため豊洲市場へ赴くも、どの店にもなめくじが見当たらない。ちくしょう、やつら買い占めやがったな! それなら自分で捕まえようと高尾山まで向かうも、理想の食材には出会えなかった。やはり12月に天然物は見つからないのか…。そこへヒントをくれたのが、味仙人を自称するホームレスの松さん。えーッ!? 冬でも丸々太ったプリプリのなめくじが採れる秘密スポットがあるんだって~!?
 (中略)のたうち回る審査員の皮膚を突き破って寄生虫が麺の如く吹き出し、もがき倒れ、皆動かなくなった。おれは料理スタジアムを出禁にされた。

 


 

f:id:jackallsasaki:20201215005519j:plain

 アマプラで『テリファー』観る。ハロウィーンの夜、タラとドーンの2人はめちゃくちゃ不気味なピエロに出会う。始めはツーショット撮ったりしてからかっていたが、見た目通りガチの殺人鬼だったピエロが牙を剥き、辺りはぐっちゃんぐっちゃんになってしまうのであった。


 ホラー映画としては完全な平均点である。いい意味で。ほどほどにグロく、ほどほどにドキドキさせてくれるし、ほどほどに理不尽でほどほどに後味悪いストーリーは無駄な雑味がいっさい無い理想のカラッポ具合。見どころはやっぱり、一目見ただけで猛烈にヤバいとわかるピエロのキャラクターだよな~。『IT』のペニーワイズとかと違って特に特殊能力は無いので、ひたすら物理攻撃で攻めてくるんですよ。中盤、映画の殺人鬼ならまず使わないモノを武器にするので呆気に取られてしまった。王道のお約束ながら質自体は高く、他作品との差別化もしっかりできているという完璧かつ理想的なB級でありました。

【日記】バディゴー!/『寺沢大介セレクション』

 おれは仕事柄「持ち込む側、プレゼンする側」であることが多いが、たまにプレゼンされる側に回ることもある。

 今回、見知らぬ若造(とは言え30過ぎ)に渡されたパワポ資料の表紙には「令和の梁山泊⁉︎ ネットライターのトキワ荘」などと書かれており、絶句した。隣席の上司も見た瞬間「今!?」と口に出していたが、それに対するアンサーは無し。この時点で「ええ、あえて今なんです」くらい言ってもらえれば多少は安心できたのだが。

 あとは若造が何やら景気のいい数字を並べたてていたが、メモする振りをして遊戯王のデッキ構成などを考えていたのでよく覚えていない。我々は出資する必要はない、と言われたので「じゃあそもそもの最初の資金はどうするの」と聞いたら「クラウドファンディングです!」と元気な答えが返ってきたので卒倒。「何かまずいところがあったら言ってください!」とも言われたが、何がまずいとかじゃないんだよ。何がまずいって、そりゃ全方位にまんべんなく――

 

 ――「何がまずい? 言ってみろ」あまりの恐怖に平伏し身動きできぬ我々に、もはや人ならざる姿と化した上司が冷たく言い放つ。異様な質量のかいなが振り下ろされ、おれの隣にいた同僚を肉片に変える。畳の目にどす黒い血が流れ込む様をぼんやり見つつ、おれは何故かあの日の若造の事を思い出していた。

 


 

f:id:jackallsasaki:20201213233812j:plain

 セールで買った『寺沢大介セレクション』読む。1~6巻までに『喰いタン』全巻分、あとは6~9巻に人相悪いグルメ漫画『喰わせモン!』、妖怪ブームに乗り遅れたバトルアクション『WARASHI!』、美術品修繕+化石発掘の意外なほど見事な合わせ技『修理もん研究室』、スポーツ系メンタルドクターというニッチ過ぎる題材『ドクターメシア』が収録されている。半分以上『喰いタン』なんだからそれで別に合本作ればよかったじゃねーか、と思わなくもないが、なかなかレアな作品も読めて満足した。打ち切りっぽい作品も多いが、寺沢先生はどんな話であろうとちゃんと足に地を付けた形で完結させてくれるので、そこは安心して読むことができる。『修理もん研究室』は珍しい題材とそれをきっちり活かすストーリーテラーとしての手腕、作中で披露される知識の面白さ(綿密な取材が行われたことがよくわかる)等もふくめ拾い物でありました。『喰いタン』も普通にオモロいので良いです。

 

【日記】怪盗赤マント登場/『FM戦士SUMOキッズ』牛次郎・神矢みのる

 年末の「RIZIN」リザーブ選手として招待され、契約を兼ねて六本木タワーで打ち合わせ。ファイトマネーは試合の有無に関わらず入金されるとのことで、手続きに必要だという登録料25万を支払う。初めてお会いする高田延彦さんは小柄で総金歯、ユーモアたっぷりの流暢な関西弁で、テレビとはずいぶんイメージの違う方であった。

 事務所を出て帰ろうとすると「ままま、待つんじゃあ〜! あいつはワシのニセモノじゃ~~ッ!」と追いかけてくる白衣にゲタ履きの老人が。ひょっとして、あなたが本物の高田延彦さん⁉︎ 改めて老人に登録料30万を支払い、慌てて戻るも事務所はすでにもぬけの空。己の不甲斐なさに涙止まらず。

 


 

f:id:jackallsasaki:20201210013441j:plain

 『FM戦士SUMOキッズ』読む。原作・牛次郎、作画・神矢みのるの『プラレス3四郎』コンビが若貴ブームに無賃乗車した少年ガンガン連載作品。題材の二番煎じ感は言い逃れできないレベルだが、ストーリー自体も「小型のスモーファイターをバーチャルなマシンで戦わせる」という、大変わかりやすいというかそのまんまのヤツです。

f:id:jackallsasaki:20201210013809j:plainf:id:jackallsasaki:20201210013826j:plain

なんとなくストⅡの影響が…

 メカ描写はさすがにカッコいいんですが、わずか2巻で完結したためホビー漫画のお約束イベントを消化するのみで終わってしまった感があります。プロレスラーに比べると力士ってそんなにバリエーション出せなさそうだしな~。

 

f:id:jackallsasaki:20201210014448j:plain

最終的にはマシンとか関係なしに、力士のビジョン同士で対戦したりする

 

 神矢先生はこれまた牛次郎先生と組んで『プラレスラーVAN』というリヴァイバルものを描いたりしてますが、個人的には実在のロボット格闘技大会ROBO-ONEを題材にした作品『アクト・オン!』が好きだったりします。これこそ神矢先生が描くのにうってつけの題材だったのでは。

www.amazon.co.jp