漏洩まんが祭り

漫画・ゲーム・映画・怪奇の備忘録と虚無の日記

【日記】幻の疾走/『味ラクルボーイ』寺島優・小島利明

 来年の正月くらいは実家に帰っていいかもなと考えていた矢先に第三波到来などと騒がれ始め、また雲行きが怪しくなってきた。ようやく最近はイベント取材だの対面インタビューだのの機会が増えてきたなと思っていたらこれだよ。少しは対策が進んだかと思いきや、見据えるべきゴールも常に先に進んでいるというこの状況は「アキレスと亀」という有名な逸話を思い出させる。

 昔、ギリシャにアキレスという足の速いおじさんがいた。アキレスはチンポも相当にでかかった。ご存知の通り古代ギリシャでは全裸でスポーツを行う習わしだったため、駆け競べをするとアキレスよりも彼の亀自身が先にゴールすることになった。一部の人々はギリシャ最速はアキレスじゃない、アキレスの亀だとやっかんでいたが、アキレスは亀を邪険にすることなく、共に喜び、共に泣き、時には話しかけ、時にはさすったりしながら生涯の友として末永く付き合ったという。アキレスの逸話を基に牛次郎先生が原作を書いたのがかの名作『やる気まんまん』である。この話がコロナ禍とどう関係してくるかと言われると何も関係ないのだが、いつの世も頭のおかしい人はいるという教訓になるだろう。

 


 

f:id:jackallsasaki:20201117205151j:plain

 『味ラクルボーイ』(原作・寺島優、作画・小島利明)Kinele Unlimitedで読む。掲載誌「コミックバンバン」についてはググってもほとんど情報がなく、たぶん青年誌なのだろうなくらいのことしかわからない。
 表紙を見ると定食屋のせがれがさまざまな工夫でグルメ勝負を展開するまんがのように見えるが、だいたい合っている。主人公・香月慎吾は定食屋を追い出されるが、テレビの料理対決番組で工夫をこらしたコロッケを作り、ユニバーサル料理学園の特待生となる。ライバルたちはみな性格が悪く、陰口をたたいたりなんのためらいもなく人をグーで殴ったりするが慎吾もたいてい口が悪いので(相手を前に「豚マン」「すごいデブ女」くらいは普通に言う)お互い様であった。

f:id:jackallsasaki:20201117205907j:plain

両者とも口が悪い

 お話自体はわりとツボは押さえており、ライバルたちにもそれなりのエピソードを用意していたりして構成が単調にならないよう気を配ってはいるのだが、肝心の料理自体が地味で「食ってみて~~~」という気にまるでならない。じゃあ実用的な料理知識が得られるかと言うとそれも怪しいモンであり、終盤で主人公が作る結婚式用のサプライズ料理などは「マザーグースを再現!!!」とか言って、パイを切ると中から生きたハトが飛んでったりする。食えるかそんなもん。

 

f:id:jackallsasaki:20201117205933j:plain

ハト以外の具は?

 

【日記】不気味なバビロニア人/『コードネーム348』篠原とおる

 「こりゃ数年は家でちゃんと仕事できる環境が必要だな」とよ~~~~やく思い至ったので、ちまちま模様替えを進める。引っ越し以来、テキトーに使い続けてきたアルミラックをちゃんとした棚だのサイドボードだのに買い替え、収納スペースも有効活用するため、着ない服も思い切って捨てる。ただ、えらく手間暇かけてるわりに片付かねえんよ。いらない何も捨ててしまおう。君をなんとかマイソウル。

 まあでも、極端な断捨離って悪影響を及ぼすこともあるんですよね。前のアパートに住んでた人、ダストボックスが溢れて体積2倍くらいになる量のゴミを突然出して、引っ越したのかと思ったら普通にガランとした部屋に住んでるみたいで。カーテンも無いから、だだっ広い部屋でぽつんと暮らしてるのが外から丸見えなんですよね。それだけならともかく、賃貸備え付けのエアコンだの換気扇だの靴箱だのもバラバラにしてゴミに出したりし始めたそうで。捨てる私物が無くなったから、部屋を少しずつ壊して捨て始めるようになったと。それでふざけんじゃないよって大家が殴り込みに行ったんですが、扉を開けたらそこには真っ白な壁と真っ白な床、そしてどこまでも続く地平線しかなかったということです。

 


 

f:id:jackallsasaki:20201117174701j:plain

 篠原とおる『コードネーム348(サシバ)』Kinele Unlimitedで読む。アウトローな女刑事がいろんな犯罪をあれするという王道だが、いくらコードネームでも差し歯はダサ過では? と思ってたら、どこの部署にも籍を置かない流れ者という立場を渡り鳥のサシバ(差羽)になぞらえたというポエットな名前であった。正直サシバという鳥は知りませんでした。

f:id:jackallsasaki:20201117174737j:plain

下の鳥がサシバ。猛禽類の一種らしい

  サシバこと羽生あすかは腕は立つものの他の刑事からは疎まれる立場で、孤高の存在としての魅力をたっぷり湛えているのだが、中盤からいきなり「情報屋の政さん」という知らん男がレギュラーキャラになる。やや小太りのガチムチ体形、女には弱いが気は優しくて力持ちというゲッター3のパイロットみたいな政さんは完全なコメディリリーフ。なにげに有能で彼の活躍がサシバの危機を救うことも多く、話の緊張感はだいぶ弱まってしまったが物語には幅ができて面白くなっている。

f:id:jackallsasaki:20201117175537j:plain

解説役として異様に有能な政さん

 本作、というか篠原とおる作品全般の特徴として‟唐突なラスト”が挙げられる。事件が解決した直後に、エピローグだのなんだのをすっ飛ばしてそのまま話が終わってしまうので「えッここで!?」と思うことがよくある。「犯人が正体を現し、頭をピストルで撃ちぬかれてぶっ倒れたその大ゴマで終わり」という話が少なくないし、事件が解決しているならともかく、解決しそうなそぶりを見せただけで容赦なく「完」となってしまうことも多い。

f:id:jackallsasaki:20201117180713j:plain
「火喰鳥は飛んだ!!」で完

 

f:id:jackallsasaki:20201117181027j:plain

オッサンがミサイルに追いかけられている最中に完

 

 話のいちばん盛り上がるところだけさえ描ければあとは不要! という理屈はわかるんだけど、そういうオチの話が続くと余韻もへったくれもねえなという気にならなくもない。

 

※以下ネタバレ※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなブツ切りの終わり方がプラスに働いている例もある。例えば6巻1話「天使の死角」はラストの2コマでこれまでのすべてがひっくり返り、そのまま放り出されて終わるという非常に印象的、かつ後味の悪い傑作エピソードだ。

 

f:id:jackallsasaki:20201117182408j:plain

 とある団地の砂場で幼児が埋められ、殺害される事件が発生。母親が育児放棄ぎみの荒れた生活をしていたことを知り、サシバと政さんは母親とその愛人に話を聞くべく行動を開始する。

f:id:jackallsasaki:20201117182427j:plain

 話の展開自体はかなり素直。そもそも、サシバと政さんが出っ張ってくるまでもなく、警察も母親を重要参考人として睨んでいたので推理要素も無く、サシバがわざわざ担当するような難事件でもない。すべてがラスト1ページのどんでん返しに向かうための前フリである。ほんと、この1エピソードだけで自分にとってはかなり印象深い作品となってしまった。

【日記】強いぞ! 桃太郎/『ドン・マイ・ワイフ』梶研吾・岡村賢二

 トランプ頑張れ! バイデン負けるな! ブン殴れ噛みつけ! 死ね~~~~~~ッ!! みたいな感じで大盛り上がりで得票しばき合い対決を見てたけど、まあわりと最後までグダグダでしたね。ヤサが大きくなるほど誰がヌシになってもなんだかんだで回るようになってるし、無責任に見てられるよな。あとどっちかがゴネたりした時のためにも選挙のルールはシンプルにしといたほうがいいんじゃない? 「頭部を破壊されたものは失格!」とかさ。ガッハッハ。などと3000円のパンケーキを頬張りつつ談笑する義偉の後ろから、ぬっと姿を現したのは身の丈八尺はあろうかという赤鬼であった。(第7幕「地獄変」 了)

 


 

f:id:jackallsasaki:20201111222229j:plain

 Kinele Unlimitedで『ドン・マイ・ワイフ』読む。原作・梶研吾、画・岡村賢二の『宇強の大空』コンビ(そういう格闘マンガが月刊ジャンプにあったのです)。

 

 平凡な家庭の主婦・かりんの正体は、実はヤクザの二代目だった~!? という『静かなるドン』のパロディにしか思えないあらすじだが、居合の業で家族を守るべく戦うかりん、カタギで頼りなさげだけど実は男気のある旦那、人類とは思えないほどアクの強い面構えの悪役たち、かりんを慕いつつもそれを表には出さず一家を陰から支える舎弟――といった王道ながらも魅力あるキャラのおかげでわりと楽しく読める。

 

f:id:jackallsasaki:20201111222339j:plain

 ただ、悪人と戦うたびに恥ずかしい服に着替える理由は謎。いやまあ特撮ヒロインとして見れば悪くないんだけど、ヤクザの女親分が着るにはフェティッシュ過ぎる。なんでこんなカッコしてるのかはまったく説明が無い。

 

f:id:jackallsasaki:20201111222437j:plain

 あと峰打ちするたびに「今度会う時ゃあ、この刀の闇じゃなく光をお前に向けてその身体を真っ二つにするよ!」いう長すぎて頭に入ってこない決めゼリフを毎回言うのも良かったです。

 

f:id:jackallsasaki:20201111222526j:plain

敵もこんなん

 

【日記】さすらいは爆破のあとで/『愚零斗鏖』やまだ浩一

 8か月ぶりに取引先と対面での打ち合わせをしたり、1年ぶりにインタビュー関連の仕事をしたり、11カ月ぶりにイベント取材があったりと、「そろそろ戻してええやろ」という気配をなんとな~く感じる昨今。今日も約1年ぶりの即売イベント「おもしろ同人誌バザール@神保町」に出店者として参加してきまんた。

f:id:jackallsasaki:20201101222547j:plain

 イベント自体はなかなかの盛況ぶりだったが、もっと商品の陳列だの宣伝だのに工夫ができたんじゃないかという反省もあった。おもしろ同人誌バザールも、11月末に開催される文学フリマ東京も「見本誌コーナー」が無いらしいので、本の中身をアピールするには何かしら、積極的なアプローチをせねばなるまい。サークルメンバーで緊急会議を行った結果、「チンチンを出しながら絶叫」「逆立ちをしてチンチンを出しながら絶叫」などのユニークなアイデアが続出、実に白熱した有意義な時間であったのでぜひ次回に活かしたい。

 


 

f:id:jackallsasaki:20201101222253j:plain

 『愚零斗鏖(グレートみなごろし)』kindle unlimitedで読む。「魔人が出てくるランプ」と同じ仕組みの「ヤンキーが出てくるライター」を拾ってしまった気弱な小学生が、バカでスケベなヤンキーの鏖(みなごろし)に迷惑をかけられてた~いへん! という想定読者年齢がまったく見えない快作。不良漫画ひしめく週刊チャンピオンで、ヤンキーをただの変な格好をした迷惑なバカとして描いているのは珍しいのでは?
 作者のやまだ浩一は「コメディ」と「ギャグ」を使い分けられる人という印象。前者であれば、例えばデビュー作の『すみれんち』のような確かな観察眼で心情の機微を描く地味ながらも印象的な作品が多いのだが、いざギャグ漫画となると童貞が大騒ぎしてチンコとウンコをばら撒くようなクソバカ漫画ばかり描いている。師匠の小林よしのりの如く、青年漫画と児童漫画を足しっぱなしにしたようなノリ。本当にバカバカしくて良い。
 
 『愚零斗鏖』は藤子不二雄作品によくある「小学生と変なペット」文脈のまま話が進むが、後半になると「魔法の国から来た悪い魔人が差し向けてくる刺客との対決」という、東南アジア辺りでタルるートくんの続編が勝手に連載されたらこうなるんだろうなみたいな話になってしまう。とは言えバトルものになる気配は一切なく、最後までしょ~もないギャグは健在であった。
 ただ、最終回のラスト3ページが凄い。まったく意味が分からない。描かれていることは分かるのだが、何がどうなってこうなったのかさっぱり理解できない。漫画を読んでここまで頭が「?」でいっぱいになったのは久しぶりの体験だった。ラスト3ページのために読む価値すらあると思う。

【日記】ダイヤを乱す牙/『モヒカンつるちゃん』あいきさだむ

 そういうわけで鬼滅の映画を観た。まんまテレビアニメ版の続きなので、初めて劇場版で触れた人にとっては「前半ほぼ寝てた人が後半なんの脈絡もなく出てきた敵と戦って感動的に死ぬ」というまあまあトンチキな内容で終わる可能性もある。ラスト付近は原作でも猗窩座の過去話並にくどい箇所で、エンドロールも煉獄祭りでだいぶ暑苦しくてよかった。1本の映画としてはだいぶイビツな構造である本作が、邦画の歴史を塗り替える1作になるというのは面白いと思う。
 映画館、もうソ~シャルディスタンスのカケラもない詰め込み具合でしたが「ドリンク以外はいっさい持ち込ませない」という手段をとっていた。これがどれくらい効果のある対策なのかはよくわからない。誰も、何もわかりはしないのだ…。

 


 

f:id:jackallsasaki:20201028020157j:plain

 『モヒカンつるちゃん』なんか知らんけどマンガ図書館Zで無料で読める。月刊ジャンプ連載の4コマ漫画である。

f:id:jackallsasaki:20201028020256j:plain

ドピューッ

 パッと見で分かる通り、つるちゃんはピカピカ頭に近い特徴的な髪型…ほぼハゲと言ってもいい。丸々と。連載初期はまったくキャラが立っておらず、とりあえず下ネタ、あるいは適当にうっかりしておけばいいだろみたいな安易なネタしかないのだが、だんだん「一家そろってセコい」というキャラ付けがなんとなく追加された。何らかのプライドがあったのか、「せこ~っ」「もうけたぜ~」というセリフが出てきたのは最終回になってからである。本作自体は少しも面白いと思わないが、天下のジャンプがコロコロを意識しまくってたというのはいい話ですね。作者名がひらがな6文字というのも…。

 

【日記】鬼のすむ教室/『アリサ!』平野仁

 鬼滅、たまたまテレビスペシャル見てネトフリでアニメ1話から見始めて漫画も(奥さんが)全巻買って映画も来週中に観に行く予定というくらい順調にアレしている。見事にブームに乗せられ素直に楽しんでいる。キャラとか展開とかマジでほとんど知らなかったので新鮮。
 アニメはかなり丁寧に原作をなぞっているし、連載初期のやや動きがわかりづらかった部分も完璧なアクションで見せてくれるし、良いアレンジだと思う。今上映している映画はジョジョ3部で言えばまだイエローテンパランス戦くらいの箇所で、2クールと映画1本費やしてそこまでしか進んでいないのはスローペースな気もするが(単行本だと6~8巻目くらいか)、遅いという感覚は不思議と無い。あとやっぱ、首がすっ飛んだり頭が潰れたりするアニメはヒットするんだなあ。少年漫画ももっと積極的に手足がもげたり内臓が飛び出たりドラゴンがカーセックスしたり子ヤギがコンクリート漬けになったりコックカワサキにマイクロビキニを着せたりするとよろしい。

 


 

f:id:jackallsasaki:20201026023517j:plain

 『アリサ!』kindle unlomitedで読む。紙の単行本はかなり入手難なので手軽に電書で読めるようになったのはホント良いと思う。

 

 平凡な少女・アリサの家に謎の男たちが押し入り、両親は射殺されてしまう。逃げ出したアリサは「あなたはパラレルワールドを統治する執政官の娘だ」といろんな意味でヤバいことを告げるおじさんに助けられ、パラレルひみつ道具「消えたり出したりが自由にできるモーゼル・ミリタリー銃」を授けられる。アリサは銃を片手に追っ手どもをばんばんブチ殺しつつ、パラレルワールド放浪の旅に出るのであった。

 

f:id:jackallsasaki:20201026024126j:plain

これはあぶない

 

 正直なところ、パラレルワールド設定を含めた設定・小道具がまったく効いておらず、無理やりSF設定をねじ込んだようにしか思えない。ただアクションシーンはかなりの迫力で、銃の描写もなかなか細かい。ガンマニアではないおれにも、モーゼル・ミリタリーのかっこよさがビンビンに伝わってくる。

f:id:jackallsasaki:20201026025228j:plain

親切なおじさんに特訓を受け、モーゼルの「抜き撃ち」を会得する名シーン。この漫画、アリサ以外のキャラは8割方おじさんしか出てこない

 

 ラストは「戦いは続く…」パターンの打ち切りで、アリサの秘められた力とはなんだったのかとか、途中で別れた竜也はどうなったのかとか、パラレルワールドと言いつつほぼ現代日本と西部劇の世界しか出てこないのはどうなんだとか、ストーリー的にはいろいろ疑問が残ったりするものの、アリサの意思と戦闘能力があればどんな苦難も乗り越えてハッピーエンドにたどり着いたのであろうと確信できるのであります。

 

【日記】宇宙飛行士の悪夢/『カンフー刑事』しもさか保

 猛烈に眠いうえ、頭がぼんやりしてふらつく。熱など風邪の症状は一切無い。死が近いのかな? と思ったが、どうも猛烈な肩こりと眼精疲労と慢性的な寝不足のせいだったらしくコフト顆粒飲んで寝たらよくなりました。コフト顆粒は死に効く! そもそもなぜ猛烈な肩こりと眼精疲労と慢性的な寝不足に陥っていたのかといえば『ガンダムブレイカー3』のやり過ぎが原因らしかった。高速で光を発しワチャワチャと動く小さなガンプラが無双している画面を数時間単位でじっと見つめていると血流がアレするのかもしれない。ガンプラは死に近づく! (以上です)

 


 

f:id:jackallsasaki:20201021230156j:plain
 しもさか保の著作、だいたいkindle unlimitedかマンガ図書館Zで読める。1巻完結の『カンフー刑事』は、カンフー刑事というタイトルから想像できることが一切起きない快作であります。主人公にしてカンフーの達人・火龍仁は殉職した父の遺志を継ぎ刑事となる。普段着はもちろんカンフースーツ、素手で銃に立ち向かえるうえ、犯人がカンフー使いでも対抗できる! 銃弾をカンフーで受け止めるなど朝飯前、気功法で睡眠薬を胃から肺に流し込んで無効化、手錠をヌンチャク代わりにして振り回す等、やるべきことを4話目でやりつくしてしまったためそのまま終了した。
 格闘技漫画は星の数ほどあるが、カンフーを題材にするととたんにファンタジーになってしまう印象があるのはなぜだろうか。こんど『拳児』を読んでみようか…。

f:id:jackallsasaki:20201021230233j:plain

気功があればマグナム弾にも勝てる

 

f:id:jackallsasaki:20201021230333j:plain

無茶