漏洩まんが祭り

漫画・ゲーム・映画・怪奇の備忘録と虚無の日記

戦慄の未亡人下宿/『新感染 ファイナル・エクスプレス』

 コンビニのイートインで小学1・2年生くらいの女の子がひとりで食事しているのを見た時は「孤食児童! これでいいのかニッポン!」という気がしないでもなかったが、別にあれは好きでやってるのかもしれないしな。子供のころの買い食いってそれ自体が楽しかったし、イートインのスペースもこれでなかなか快適なものだ。充電できるし、食べ物はいくらでもあるし、こうやってホットスナックをつまみにフォーナインを空ければ我が家のようにくつろげるし、こうやって靴を脱ぐのも自由だし、歌を歌うのも自由だし、服を脱ぐのも自由だし、とかやってたら普通にマッポ呼ばれましてね。その時投げつけられたカラーボールの染みが鬼の貌に見えるってんで、仲間内じゃオーガと呼ばれとります。

 


 

f:id:jackallsasaki:20191015190549j:plain
 『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編がクランクアップしたというニュースを聞き、そういや『新感染』観てなかったなと気づきネトフリで観賞。B級丸出しの邦題に反し、今さらおれ如きが何か付け加えることもないような傑作で、記録と記憶に残るゾンビ映画の新定番。
 子供とどう触れ合っていいかわからない社畜パパ、妊娠した妻を支えるけんかっ早い熱血おじさん、素直に恋愛感情を表に出せない野球部員とマネージャー、人生達観気味の老姉妹、とにかく自分の保身第一のいけ好かない中年、任務に忠実な運転手、なにやら事情を知っていそうな謎の浮浪者風の男…。壮大な死亡フラグを立てまくる個性的なキャラ連がとにかく強烈。他にも 最初から最後まで落ちることのないテンション、シチュエーションを「新幹線」にしたことで生まれた閉所ならではのスリリングな展開や赤の他人である乗客たちが交わるドラマ性とかなんとか、ヒットの要因はいろいろ考えられるんですが、一言で言えば「マ・ドンソクが強い」。これが最高。ゾンビ相手でも素手でボコボコぶん殴り、圧倒的な強さを見せつけるけど、素手だから案の定という。人間、こうありたいものですな。生存者たちの生きざまと死にざま、どちらも印象深いシーン満載。あと妊婦走らせ過ぎ。